Autodesk Inventorをとりあえずさわるためのガイド(1) 準備編

1.まずはInventorをダウンロードする

学生の人はAutodesk Education Communityにアクセスし、アカウントを作成すれば入手することができます。

そうではない人も製品体験版からダウンロードして30日間試用できますのでご安心を。

2.コーヒーを淹れる

ダウンロードが終わり、インストールが始まりましたか?それではコーヒー豆とミルを出して挽き始めましょう。細挽き・粗挽きいろいろお好みがあると思いますので、ゴリゴリあるいはウ゛ィ゛ー゛ン゛してください。

graind

出典 http://www.burg-kaffee.com/items/beans/straight/st_rwa.htm

抽出する前に、カップやドリッパーを温めておくほうがいいですね。

個人的にはグアテマラの豆が好きです。苦みが強くないので。

3. Inventorでパーツ作成に取り掛かるまで

さて、長いインストールが終わりいよいよ起動です。

確か起動すると最初にホーム画面なるものが出てきた気がします。それは覚えてないので措くとして、とりあえず左上のロゴボタンをクリック→[新規]→Standard.iptを選択します。このStandard.iptは、Inventorにおいて一番頻度が高い、「何かを組み立てるための構成部品を作成する」ときに使うものです。さて、読み込みが終わると下のような画面(2Dスケッチ画面)が出てきます。ただし、背景はテーマによって違うので、そこは気にしないでください。

もしグリッドが表示されない場合は、左上ロゴボタン→[オプション]→[スケッチ]タブの表示メニューを確かめてください。

それと、[オプション]の[パーツ]タブで「新規スケッチなし」になっている場合は、スケッチを作成する平面を指定しないとこの画面になりません。

キャプチャ

Inventorではこの画面で2Dスケッチを描き、それに厚みを指定して立体物を作っていくというのが基本的な流れになります。次回は2Dスケッチの各種操作についてです。

Advertisements

About ねいぴあさぶれ

[ '_ㄣ' ] インターネットSteamゲムーあそびマンだよ

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s