Archive | Autodesk Inventor RSS for this section

今年も3Dプリントの季節がやってきた

この記事は D言語くん Advent Calendar 2016 の21日目です。

今年も終わりが近づく中私は思い出しました。去年はD言語くん(とGopher)をCADで作って3Dプリントしたのだと。そして今年もD言語くんAdvent Calendarがあることが分かり、何かを作ろうという心持ちでいました。

しかし困ったことにD言語くんとタッグを組むものとして何を作るか思いつかなかったのです。去年の段階ですでに思っていたことですが世の中には簡単に形を再現できる言語マスコットがあまりにも少ない[要出典]。

かといってD言語くんに帽子のようなアクセサリーを足しましたというだけではまるで内容不足。そこで天啓にうたれたのです…

D言語くんを銃撃するGopher!これは偶然にも以前から抱いていた「Rainbow Six: Siegeのジオラマを3DCADで作りたい」という思いとも一致しました。ちょうど設置式の防弾盾を作っていたところだったのです。そこで私は考えました。

Read More…

Advertisements

D言語くんをInventorで立体化した話

この記事は、D言語くん Advent Calendar 2015 の21日目です。

さて、まずAdvent Calendarにこのような記事で参加することになったいきさつから。趣味グラマー集団「SunPro」というのに参加してまして(私はプヨグヤム書くこと滅多にないけど)、来るコミックマーケット89で出展するにあたってマスコットとしてGopherとD言語くんを作ろうということになっておりました。DMMに造形を依頼し無事造形に入ったと連絡のあった次の日(12/8)、SlackでD言語くんAdvent Calendarなるものがあるという話に。そこで見てみると

「D言語くんを作る(物理)」

という記事が!

しかもこの記事では自宅の3Dプリンタで造形しサポート材をはがし塗装までしていらっしゃる、これはコンテンツとしてアイデンティティの危機では!?コミケに出すにあたって新規性をアピールしておかねばという謎の義務感によって参加を決めたわけです。

D言語くん立体化工程

Read More…

Autodesk Inventorをとりあえずさわるためのガイド(1) 準備編

1.まずはInventorをダウンロードする

学生の人はAutodesk Education Communityにアクセスし、アカウントを作成すれば入手することができます。

そうではない人も製品体験版からダウンロードして30日間試用できますのでご安心を。

2.コーヒーを淹れる

ダウンロードが終わり、インストールが始まりましたか?それではコーヒー豆とミルを出して挽き始めましょう。細挽き・粗挽きいろいろお好みがあると思いますので、ゴリゴリあるいはウ゛ィ゛ー゛ン゛してください。

graind

出典 http://www.burg-kaffee.com/items/beans/straight/st_rwa.htm

抽出する前に、カップやドリッパーを温めておくほうがいいですね。

個人的にはグアテマラの豆が好きです。苦みが強くないので。

3. Inventorでパーツ作成に取り掛かるまで

Read More…